ネットスーパードライバー求人は増加傾向であるが・・・

配達員のクレームが業務をやりにくくする

ほぼ全国にあるチェーン店のネットスーパーには
毎日クレームのメールが届くという。

そして全国のどこかのドライバーがペナルティ
を受けて業務停止や契約解除という憂き目に
あっています。

残されたドライバー達はそんなクレームの防止策を
課せられる羽目にあいます。

例えばタバコの匂いに関しては365日車内禁煙
というルールが出来ているし、配達先を間違えれば
フルネーム確認の実施がルール化されるように
クレームから発生する改善ルールというのは
実はドライバー自ら業務をやりにくくしている
面がございます。

30分前電話ルールもその一つです、遅れそうな
お客さんに電話連絡するのは当たり前と思って
いる人は多いと思いますが以前は平気で遅配を
して連絡なしというのもあったらしい。

そした事から30分前に必ず電話をするという
ルールが出来てさらに配達員の配達時間を
短縮しているのです。

いちいち言われたくもない小言は全て全国の
どこかのドライバーが引き起こした問題に
対しての改善要求なのです。

ですから今後も誰かがクレームを起こすと
さらに自分たちの首を絞めるルールが作られる
のです。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る