ネットスーパードライバー求人は増加傾向であるが・・・

交通違反と事故のリスク

この記事も遅配に関する記事になりますが時間のない
ドライバーは自然とスピードを上げてしまいます。

のんびりとやっていては終わらないし次の便も
押せ押せで大変な事が続いてしまいます。

ですから大抵のドライバーはスピードを上げて
配達先へ1分でも早く届けようとしています。

よく感じることは「事故したら全てパーになるな」
と思うこと、事故を起こして人の命でも奪って
しまってはと不安に思うことがしばしばです。

当然、冷静に運転する事は心がけていますし
幸い今のところ事故は起こしておりません、
しかしいつそんな事故を引き起こすか解らない
のが遅配に対する意識です。

これもピッキングが早く時間通りに出来ていれば
そんなに焦る事もないのですが何せ時間がない。

また交通違反もありえます、スピード違反や
一時停止、一方通行バック進入など時間短縮に
なりそうなことはやる可能性も否定できませんし
ドライバーの間ではよく話題にのぼります。

「あそこの一通は回り込むと5分は損をするので
バックで入っていったよ」とか「一時停止違反で
捕まったよ」などと時間の無さを嘆いております。

また、新人のドライバーも忙しいと急に件数が
増やされています、「件数が膨らんだから何とか10件
やってきて」「もう大丈夫だろう?」などと急に
増やされて泣く泣くやらされる羽目に会うことも
しばしばです。

全てとは言いませんがピッキングの遅れが交通違反の
引き金になっていると言っても過言ではありません。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る