ネットスーパードライバー求人は増加傾向であるが・・・

ピッキング(荷物作り)の遅れが配達員のストレスを増加させる

数社のネットスーパー配達員を経験していて思うことは
ピッキング(お店で荷物を作る作業)の遅れで配達時間
が短くなる事のなんと多いことかという事。

だいたいのネットスーパーでは2時間の枠を設けており
14時から16時の間に配達とか17時から19時の間に配達
といった範囲がある。

ネットスーパーNo.1チェーンはその枠に被せて時間帯を
設けているのでさらに厄介だ。

17時から19時の次は18時から20時といった具合で
この2つの時間帯を同時に持ち出し配達してくるといった
具合で2時間あるから余裕そうに見えるが1時間の重なり
があるために非常にシビアな配達となる。

そんなシビアな配達をしているのだがさらにピッキング
の遅れが圧し掛かるのが日常茶飯事だ。

17時の配達開始に荷物が出来ておらずひどい時には
18時に出発といった事も日常茶飯事、ドライバーが
お客さんから苦情や文句を受けるのだがお店は特に
対策を講じてはいない。

クレームになるとドライバーのせいする為、30分前には
これから配達するお客さんの所へ電話連絡を行う。

この電話だけでも10分程度の時間を失いさらに配達出来る
時間が短くなっていく。

だいたいのドライバーは約束の時間に配り終えたいと
思うし次の時間帯はさらに遅れる事になるので目の色を
変えて配達しまくる。

この問題はどこの店舗でも聞くしドライバーの間では
ストレスとなっている。こういったストレスもネット
スーパー配達の嫌われる原因にもなっている。

他の業務ではさほど遅れて荷物が出来上がるという
問題は少ないし、よほどの事がない限り遅配は
起こらないがネットスーパーはほぼ毎日の問題だ。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る